防犯グッズの取り扱いについて

当業務のサービスとして行っている「住宅防犯診断」http://shinteibeta.com/todasi/shindan.html ですが、その際によくアドバイス差し上げる内容として、防犯グッズの取り付けがあります。そこで、その幾つかの方策をトピックスの記事として(あるいはブログにまとめて)連載していこうと思います。だれにでも簡単に出来る対処ばかり集めるつもりです。

さて、その第1回は
「防犯フィルムの取り付け」です。

空き巣の被害に一番会い易いのは、大きな窓いわゆる「掃出し窓」と言われる場所です。
なら防犯性の高い「防犯ガラス」に変えたらと思っても、かなり高額な物です。
何も高額な防犯グッズでの対策だけでは無く、「100円Shop」購入可能な物もあります。
その代表例として「防犯フイルム」と呼ばれる物です。
使用方法は、窓の内側から鍵の周辺に貼り付けるだけです。
ガラスは砕けますが、フイルムの貼り付けてある箇所のガラスは、
「防犯フイルム」に張り付き侵入を防ぐという防犯グッズです。

続きまして、防犯グッズ解説の第2回は
「防犯アラーム」についてです。

前回は「防犯フィルム」を紹介しましたが、「防犯フィルム」は外側からだと貼り付けているかどうか分かりにくい部分があります。それを知らずに窓ガラスを破壊しようとする空巣犯もいます。その破壊の時の振動を感知して、かなりの音の「警報音」を約25秒間発して相手を威嚇する防犯グッズがあります。それは「防犯アラーム」(振動感知型)と言う物です。取り付け方法はとても簡単です。
窓の内側から貼り付けるだけです。そして、窓の外側からは「警戒中」と言う警戒シールの役目も果たしています。
使用方法は、外出するときに電源をONにするだけです。
ただし、電池式なのでこまめに電池の残量確認や電池交換を行なう必要性があります。
ふれあい・けやき安全ステーションにサンプルがありますので興味のある方は気軽に見学に来て下さい。

戸田防犯ブログ「とだレンジャー」より抜粋