防犯知識:
ひったくり被害にあわないために

防犯というものは当たり前のことを当たり前のようにすることが大切です。 「私にかぎって被害にあうことはないだろう」という油断こそが危険なのです。 なぜならひったくりという犯罪は「油断してる相手の後ろから近づいてバッグを強引に奪い取る」ものですから、 油断していなければ成立しないわけです。

犯人も多少のリスクを負ってるわけですから、リスクを減らそうとするのが人の心理というものです。
ですから、「ああ、コイツは厳しいな」とスキを見せないことが大切なのです。

被害の傾向

被害者のほとんどが女性です。
そして時間帯は夜間(20時〜24時)が一番多いです。

気をつける点として

上記の項目を心がけることであなたが被害に会う確率はぐっと下がります。